株式会社
聖晃産業グループ

聖晃産業グループ ロゴ

沿 革

HISTORY
昭和47年 大分市羽屋にて赤星尚がクレーン事業を創業
昭和52年 (有)聖晃産業を設立
昭和57年
本社を大分市曲1481-1に移転
昭和58年 森運輸(有)の経営を引継ぎ(有)豊成相互運輸を設立
昭和61年 160Tクレーン導入
昭和62年 大分市向原に(有)聖晃産業 東営業所開設
昭和63年 大分市曲に本社社屋竣工
360Tクレーン導入
平成元年 大分市片島に砂利砕石プラント新設
(有)平成重機産業設立
平成 3年 大分市敷戸の(有)湯遊ランドの経営を引継ぐ
大分市春日の(有)カスガ自動車整備の経営を引継ぐ
平成 4年 福岡県太宰府市に(有)聖晃産業 福岡営業所開設
大分市野津原に豊の森スキーワールド(人工芝スキー場)を開業
平成 8年 大分市片島に(有)聖晃産業 東営業所を移転、中央営業所とする
同所に(有)豊成相互運輸 中央営業所を開設 100Tクローラークレーン導入
平成 9年 (有)聖晃産業を株式会社に組織変更
500Tクレーン導入
平成12年 (株)聖晃産業が(有)平成重機産業を吸収合併し、環境開発部とする
平成16年 (株)聖晃産業代表取締役 赤星 誠一が就任
(株)豊湯観光を設立し(有)湯遊ランドの事業を引継ぐ
平成17年 大分市米良にて安定型最終処分場を開設
平成18年 (有)カスガ自動車整備を片島に移転、(有)中央自動車整備とする
湯遊ランド(温泉事業)を閉店
豊の森スキーワールド閉鎖
大分市向原に(有)豊成相互運輸 東営業所開設
平成20年 (株)聖晃産業で貿易部を新設、有価プラスチックの輸出を開始
平成21年 (株)聖晃産業が(有)中央自動車整備を吸収合併し、中央自動車営業所とする
指定自動車整備事業者の指定を受ける
平成22年 福岡県朝倉郡に(株)聖晃産業福岡営業所を移転
平成23年 400Tクレーン導入(AR4000M)
平成24年 豊の森スキーワールド跡に大分JAM(スキージャンプ施設)開業
200Tクローラークレーン導入(7200-2F)
平成26年 550Tクレーン導入(AR5500M)
大分市向原の(有)豊成相互運輸 東営業所を閉鎖し中央営業所を再開
大分JAM閉鎖
平成28年 大分市旦野原に太陽光発電所を設置
平成29年 本社社屋竣工に伴い片島に移転
550Tクレーン2号機導入(AR5500M-1)
令和1年 貿易部をリサイクル事業部に名称変更、プラの再生設備を導入
令和2年 大分市向原に(株)聖晃産業 東営業所を移転
(株)聖晃産業の資本金を3000万円に増資
(有)豊成相互運輸の資本金を2000万円に増資